スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

KEISUKE MATSUSHIMA (ケイスケ マツシマ)

2018.04.27(18:00)

腸が喜ぶ発酵ランチの後、ジムへ。

61分の有酸素運動。

360kカロリー消費、エビチリ1皿分。

有酸素運動  

今夜は、原宿の「KEISUKE MATSUSHIMA (ケイスケ マツシマ)」へ。

2度目のおじゃま~。

♪γγγ彡ヽ(^^)

ケイスケ マツシマ  

緑の中にたたずむおしゃれなフレンチレストラン。

東郷会館の方からアプローチしたら、迷った。

(;´д`)ゞ

ケイスケ マツシマ  

エントランスを入ると、誰もいない。

5分ほど待たされた。

ケイスケ マツシマ  

無事、予約席へご案内。

なんと前回と同じテーブル。

予約席  

ワインリストをチェック。

えっ、、、スタンダードキュヴェが15,000円から・・・。

ワインリスト  

シャンパーニュを1本。

BRUNO PAILLARD BRUT PREMIERE CUVEE

(ブルーノ・パイヤール ブリュット プルミエール・キュヴェ)

_Y_(*^ ^ *)

ブルーノ・パイヤール  

もうちょっと冷やしたいから、ちょっとだけ。

乾杯!

乾杯  

アペリティフ。

3種類盛り合わせ。

アペリティフ  

つぶ貝にアイオリソース。

ひよこ豆とオリーブを揚げたパニス。

アペリティフ  

豚肉のリエット。

サクサクのトーストとともに。

アペリティフ  

冷えたみたいなので、注いでくださ~い。

グラスがロブマイヤーだと今気づいた。

ロブマイヤー   

アミューズ。

スープ・オ・ピストゥ。

アミューズ  

香味野菜と白インゲン豆のスープ。

ピストゥはバジルのソースのこと。

アミューズ  

バジルの爽やかな香りがふわっと。

ミネストローネっぽい。

アミューズ 

サラダニソワーズ2018

ニース風サラダのこと。

サラダニソワーズ  

メカジキに赤いパプリカのソルベ。

トマトの泡ムースはなぜか白い。

サラダニソワーズ  

自家製パン。

オリーブを練り込んだ丸いパン、ローズマリーとタイムのパン。

自家製パン  

KEISUKE MATSUSHIMA特製ブイヤベース。

真鯛のタルタル。

特製ブイヤベース  

アイオリ風味のソルベフヌイユ(ウイキョウ)。

魚の旨味のジュレ。

特製ブイヤベース  

魚料理。

スズキのロースト。

>)3))><<

スズキのロースト  

トッピングはアーティチョークのフライ。

レモンの泡で。

スズキのロースト  

肉料理。

愛媛県産シュガーポークのロースト。

!o(⌒囗⌒)oΨ

シュガーポークのロースト  

鮮やかな緑は菜の花のピュレ。

付け合わせの菜の花も。

シュガーポークのロースト  

じゃがいものニョッキにパルミジャーノ。

イタリアンっぽい。

ニョッキにパルミジャーノ  

デザート。

ヌガーグラッセ。

(⌒¬⌒*)

デザート  

フランスの氷菓。

宮城県山元町のみがきいちごで。

デザート  

食後のカフェ。

夫はコーヒー、私は4種のフレッシュハーブティー。

(*^-^)_~~

カフェ  

プチフール。

4種類も。

プチフール  

ローズマリー風味のチョコ。

レモンマカロン。

プチフール  

バラのマシュマロ。

ラベンダー、ハチミツのフィナンシェ。

プチフール  

〆て28,512円也。

ワインが高め。

持ち込み料5,000円で持ち込めばよかった。

南仏風のお料理は美味しかった。

でも前回とそんなに変わらないメニューだったのが残念。

スペシャリテが出たってことか。

他のお料理も食べたかった。

ごちそうさまでした。

(^-^)

 

過去の訪問

2017年03月16日

 


スポンサーサイト





コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://penelopeann.blog69.fc2.com/tb.php/1370-da22983b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。